ボッチャ

CIMG9045.JPG

2月7日(水)に、3・4年生はNPO法人ななすぽの方に「ボッチャ」という競技を教えていただきました。
「ボッチャ」は重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障害者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。
2016年に行われたリオパラリンピックでは、日本初となる銀メダルを団体戦で獲得しました。

「つぎはどこに投げたらいいかな?」
「3点取らないと逆転できないから、ジャックボール(的になるボール)を動かさないとだめだよ。」

初めて体験する児童がほとんどでしたが、熱心にルールを聞き、友達と話し合いながら真剣に競技に取り組んでいました。
パラリンピックを身近に感じることのできる貴重な時間を過ごすことができました。

更新日:2018年02月07日 16:37:46